飲食店ホールバイトは男でもOK

飲食店のホールバイトは男でもできる!!男のホールバイトは増加している理由

飲食店ホールバイトは男でもOK

男だけどキッチンバイトしたくない….ホールバイトはできないの?

と思ってませんか?

確かにホールバイト=女性がするイメージがあります。

 

しかし、飲食店のホールバイトは現在男の方が増加しています。

実際に僕が働いていた飲食店のホールバイトは、男4:女6の割合で男性でもバイトをしていました。


飲食ホールバイトは男でも全然できます

冒頭でもお話しした通り、飲食店ホールバイトは男でも全然できます。

しょう。さん
僕はキッチンバイトから始めたが、慣れてきた時にホールバイトもやったよ

ホールバイトが男性しかいない飲食店も多く見受けられるようになりました。

かといって、どの飲食店も男性がホールバイトを始められる訳ではありません。

 

飲食店には

  • 雰囲気
  • 想定している客層
  • 店の方針

を考慮して、ホールバイトを男性でも募集しているか?決めています。

しょう。さん
メイドカフェで男性が接客したらおかしいよね?

店のコンセプトであったり、想定している客層が男性が多い店だとホールスタッフは女性の割合の方が多くなります。

男のホールバイトは増加している

とはいえ、最近の飲食店は多角化が求められ、男性のホールバイトが増加しています。

女性=ホール、男性=キッチンのイメージは崩壊しているといえます。

 

理由の一つに”女性客”の増加が挙げられます。

昔の飲食店といえば、居酒屋なら男がひっかけに行ったり喫茶店なら会社の方と打ち合わせに使ったり、男性客を想定していた事もありホールバイト=女性がするものと言うのがありました。

 

しかし、現在では

  • インスタ映えを狙った料理
  • 女性の飲酒の増加
  • ホルモン等の焼肉屋の女性客見込み
  • 女子会

といった女性層をターゲットにしたマーケティングをとる飲食店が増加しました。

特にホルモン焼きは、安くて美味い、男が食うゲテモノ扱いだったものが、

コラーゲン、美肌効果をウリにする事で上品な食べ物、女性には嬉しい食べ物という価値ができました。

 

とあるホルモン屋さんに至っては、来店する客が女性しかいなくなった、なんて声も。

女性客が増加した=昔にあった想定する客層を大きく変わった事からホールバイトは男でもOKが浸透したといえます。

 

昔から男でも良かったのですが、女性向けのお店が増えた事で更に加速した形です。


男でもホールバイトができる飲食店ってどんな所?

では男でもホールバイトができる飲食店はどこでしょうか?

大きくいえば

  • お好み焼き屋
  • 居酒屋
  • 回転寿司
  • 高級レストラン

といった客層が男女比率関係のないお店、またはキッチンを社員のみで取り組んでいるお店です。

例えば大阪にある鍬焼き屋の鉄板神社というお店。

キッチンは社員のみに任せていて、ホールスタッフも元々男性のみ採用していた会社で女性より男性の方が割合が多いのです。

 

高級レストランでもキッチンは社員が調理しています。

バイトを募集するとなると、確実にホールバイトになります。

ここで女性のみ募集と書いていれば人手不足は免れません。よって男性もホールバイトを募集していることになります。

男がホールバイトをする時、イケメンじゃないとダメ?

「ホールバイトしたいけど、ルックスで不安…..」と思う男性もいるでしょう。

 

しかし、イケメンでないとダメ!とか、そういう基準は全くありません。

しょう。さん
陰キャラでルックスが不安だった僕も問題なくホールバイトできたよ

確かに、飲食店によって面接を行う店長が面食いだった場合、イケメンの男性、可愛い女性をバイトに雇って”ブスだから”という理由で面接に落ちることもあります。

 

とはいえ、そういう飲食店は「人手に余裕があって、元々雇うつもりがなかった」といっても良いので、特に気にすることはありません。

しょう。さん
僕が正社員として働いていた時の店長は面食いで可愛い、イケメンのバイトしか雇わなかった結果、人手不足に陥ったりある日アルバイト全員辞めたことがあったよ

正直清潔感が欠けていなければ、よっぽどのない限り面接に落ちることはないです。

男がホールバイトを希望するときの身だしなみ

男性がホールバイトを希望して応募する時、女性に比べて身だしなみは見られてしまいます。

その為、身だしなみには注意して清潔感を出して面接に挑みましょう。

 

身だしなみチェックポイント

  • ヒゲを剃る
  • ピアスを外す
  • 髪が長い場合、切る、整える
  • 爪を切る
  • スウェット等の寝間着に近い服で面接に行かない